新生活に料理をスタート!一新する調理器具を選ぶポイントは?

ライフスタイル
スポンサーリンク

新生活は新しい事を開始するいいチャンスだ。これまでとは違った生活をする自分を想像するだけで、さぞかし胸が弾むのではないだろうか?

家具を買い換えて部屋を今までと違ったテイストにするも良し、服装をイメチェンするも良し。

交友関係を広げる為に一度も入ったことの無い店へ足を運ぶのも良いだろう。新しいバイクや車なんて買っちゃったりして。

そんなにお金が無い?ただでさえ新生活にはお金がかかるのにって?

だったら自炊すればいいじゃない!

自炊してお金を浮かせればいいじゃない!

 

新生活から料理をスタートしよう!

「自炊なんて言われたって料理は全くできない」

「調理している時間なんて無い」

そのような人は少なくないだろう。

だが、ちょっと待って欲しい。

最初にも述べたが、新生活は新しいことをはじめるのにうってつけだ。新しい自分になるチャンスを早々に諦めてどうする。

 

現代ではインターネットで様々なお手軽レシピが手に入るので、全くの初心者でも案外簡単に調理ができるはずだ。

今まではインスタント食品しか調理をしたことのない人も、これを機として料理をはじめてみてはいかがだろうか。

 

近頃では、「調理してる余裕とかねーよ!」という人向けの保存食レシピや、一つの料理を大量に作ってリメイク(アレンジ)する類のレシピ集も存在している。

毎日自炊をしなくても、数日に一回自炊をするだけで金銭的負担は違うはずなので、忙しい人も是非自炊に挑戦してみて欲しい。

 

それに、今の時代は男女共に料理が得意な奴のがモテるものだ。

お金は浮くし、ついでに異性にもモテる(かもしれない)、ならば自炊をやるしかないだろう。

 

今までの安い調理器具を買い替えるのがおすすめ

「どうせ調理なんてしねーし、調理器具は一番安いのでいいか」とか言って、数百円の安い器具を使ってはいないだろうか?

そんな人は、自炊生活をはじめる前に、まずは調理器具の買い替えをおすすめする。

 

これまでまともな調理器具を持っていなかったという人だけでなく、それなりに料理は得意だという人も安いものを使用しているならば買い換えた方が良いだろう。

「買い換えたら金がかかるじゃねーか!」と思われるかもしれないが、毎日外食をするのにかかる金額と比べたら些細なものである。

何故買い替えを勧めるのかというと、答えは簡単だ。

「安いものとしっかりとした調理器具とでは、性能が段違いだから」である。

一つ例を出すが、例えばフライパンだ。

近年のものは大半がテフロン加工をされているが、安いものは加工もそれなりなので食材がくっつきやすい。

そんな安物を使って調理をすれば、フライパンから上手く食材を剥がすことができずに見た目ぐちゃぐちゃ大失敗料理のでき上がりとなってしまうわけだ。

 

弘法筆を選ばずとは言うが、素人が筆を選ぶのは重要なのを忘れてはいけない。

 

長く使える良い調理器具や包丁は結果的に経済的!

調理器具は、手入れ次第で長い年月使うことができるものが多数存在している。

まな板や菜ばしは買い替えるが、鍋類や包丁は親の代から使っているという人も珍しくは無い。

どうせ購入するならば、長く使えるようなしっかりとした製品を選ぶと買い替える手間がかからず経済的だ。

特に、包丁は手に馴染みやすく丈夫な作りのものを一本買っておくと一生使えるので、高いものを買っても後々の事を考えれば経済的だと言える。

もし、将来的に恋人と結婚や同棲をした際も、自分専用の包丁はまず必要になるので無駄は無いはずだ。

 

それに、「愛用をしている一品」を持っておくと、異性に料理ができる奴というアピールをすることもできる。

「料理得意で一人暮らしの時からこの包丁使っているんだよね」とでも言えば相手の異性はキュンと来るはずだ。

しかし、その包丁が安物だったらかっこいいイメージは一気に台無しになる。

「口だけの無頓着な奴なのね」という印象を与えることになるので、やはり良いものを一本購入しておくことをおすすめする。

 

良い包丁は切り口もきれいで研ぐ手間がかからず傷みにくい!

良い包丁のメリットは、ただ長持ちをするだけではない。

当然ではあるが、値段の分だけ性能も良いので、綺麗に食材を切ることが可能だ。

 

通販番組などで、トマトやきゅうりを薄切りにしている映像を見たことがある人は多いだろう。

料理をしない人はピンと来ないかもしれないが、実はあれはかなり切れ味の良い包丁でないと中々難しい。

数百円程度の安価な包丁だと、研いだ直後は綺麗に切れても、きゅうり一本輪切りにすれば途端に切れ味が悪くなってしまう。

その為、安いものは調理後に毎日包丁を研がなくてはいけないのだ。

頭の中で想像をするだけで、手間がかかり面倒臭いのがわかるはずだ。

 

その点、良い包丁ならば切り口が綺麗で刃が傷みにくいので、研ぐ手間もかからない。定期的に研ぐことは必要ではあるが、頻度は高くないので負担にはなりにくい。

誤解が無いように言っておくと、何も通販の製品を買えと言っているわけでは無く、良い品を買う事が重要なのだ。

自身にはどのような製品が合うか、よく考えてから選ぶと良いだろう。

 

 

新生活を良い機会として自炊をスタートすれば様々なメリットがある。

まずは自身の可能な範囲からはじめてみると良いだろう。

この際に調理器具を新調するならば、ケチって安いものではなく性能の良いものを選択することを忘れないようにして欲しい。

丈夫で良い性能のものを買えば経済的であるし、スムーズに調理をしやすいので料理の腕も上達するだろう。

 

 

コメント