単身者の引っ越しのおすすめの時期や費用をお得にする方法

ライフスタイル
スポンサーリンク

単身者の引っ越しは荷物が少ないため安上がりで簡単と思い込みがちだが、引っ越す時期や時間、準備で大きく差がつく。

事前の準備不足やタイミングで失敗をすると、時間とお金を大きく無駄にしてしまう。今回のエントリーでは、単身者がスマートかつお得に引っ越すために抑えておくべきポイント、そして都内のおすすめ物件が見つかる穴場スポットを紹介しよう。

 

引っ越しにおすすめの時期は?

穴場の物件が探しやすい、引っ越しのおすすめの時期は6月だ。

新生活の準備を始める人が多い3月でないことを意外に思うかもしれないが、6月は物件に空きが出やすい時期なのだ。

ジューンブライドで結婚するカップルが多いことが理由の一つで、結婚相手と一緒に住むため単身者の部屋が空くというわけだ。

一人暮らしをする者にとっては、お得で良い部屋が空くのであれば有り難いことである。

 

そして6月は一大イベント、夏のボーナス。

ボーナスでより快適な住まいを探し、新しい場所での生活をスタートさせる人も多い。これらの需要を見越して、単身者用、ファミリー向けなどの新築物件が多く出るために、選べる物件の選択肢の幅も広くなるのである。

 

この時期は貸す側の大家もできるだけ早く空き部屋を埋めたいため、敷金や礼金を下げているケースがみられる。

さらに通常は融通がきかない入居日や、家賃発生日を遅く設定できるケースもある。

借りる側のメリットが大きい時期なのだ。

引っ越しをするなら6月。

まさに引っ越しの穴場の時期と覚えておこう!

1年を通して引っ越しを避けたい時期は?

1年の中で引っ越しを避けたい時期は、入学や就職で新生活をスタートさせる人が多い3月から4月である。

特に3月の後半は料金が最も割高になるだけでなく、予約を取ることも困難になるのだ。

最近では単身者の引っ越しで60万円かかるなど、トラックの不足による有り得ない金額を掲示されるトラブルがあるので気をつけよう!

 

そしてゴールデンウィークと、8月から9月の夏休みも引っ越しが増える時期である。これらの繁忙期は、引っ越し業者のスタッフが足りなくなるのは想像がつきやすい。

経験豊富な現場スタッフの不足からサービスの品質の低下、トラブル発生の確率が高くなってしまうのだ。

サービスの質が下がるだけでなく、料金も高くなる繁忙期は可能な限り避けるべきといえる。

 

とはいえ社会人は繁忙期しか、時間がとれない人も多いだろう。

「繁忙期しかまとまった時間が取れねーよ!」

など、どうしても繁忙期のタイミングでしか引っ越せないという場合、穴場は仏滅の日だ。

縁起を担ぐ人には大安の日を好み、仏滅に引っ越すのを避ける人もいる。

料金を割安に設定している業者もあるので縁起が気にないなら、大いに活用するべきである。

カレンダーの六曜をチェックすると繁忙期でも空いている、穴場の日があるかもしれない。

 

単身者の引っ越しでやっておくべきこと

引っ越しには準備する時間がない場合と、何か月も前から決まっている時間に余裕がある場合がある。

突然決まった場合には仕方がないとしても、余裕がある場合は事前にしっかり準備をしておけば大きく費用を抑えられる。

単身者の引っ越し準備でまずやっておくべきキミは何かわかるだろうか?

それは、つまり不用品を整理してできるだけ荷物を減らすことだ。

 

引っ越し料金は荷物の量に左右される。

タンスや押入れに収納したままの不用品は心を鬼にして粛々と処分するべきである。

近隣に不用品の買取りサービスがあれば、少しずつでも処分することをおすすめする。メルカリをはじめとするフリマアプリは、手間と時間はかかるが趣味のコレクションなどの処分には適している。

売買できない不用品はゴミとして捨ててしまおう。

引っ越す先にまでゴミを持っていくのは何よりも虚しいし、何より新居が不用品のダンボールで埋まることだけは避けたいものである。

自治体によって粗大ごみの処分方法やかかる期間が大きく違うため、事前の確認は必須だ。

特に大きな家具類を引っ越しのタイミングで買い換える場合には、スッキリと確実に処分して気持ちよく新居に新しい家具を並べよう。

 

単身の引っ越しにおすすめ!東京都内で家賃相場の安い穴場は?

東京都内といえば家賃が高いイメージがあるが学生や単身者、女性も暮らしやすいおすすめの引越し先は思いのほかある。

まず単身者向け物件の家賃が東京都内で安いのは葛飾区と足立区、江戸川区。

も安いのは葛飾区で約6.2万円、足立区で約6.4万円、江戸川区では約6.6万円となっている。

 

東京の下町の雰囲気が残る葛飾区は、京成線の直通で羽田空港や成田空港にアクセスできる。

生活用品の買い物スポットが充実している駅も多い。

治安の良さも都内23区では8位と比較的落ち着いている。

葛飾区で駅の周辺に繁華街がなく住みやすいとされるのが青砥駅、閑静な住宅地が広がる亀有駅などが穴場スポットだ。

足立区の都内の治安の良さは11位、おすすめの人気の駅は北千住駅と青梅駅、そして北綾瀬駅。

江戸川区は都内13位、一之江駅、平井駅の周辺が人気のエリアとなっている。

 

家賃の安さも重要ではあるが、通勤の利便性、買い物のしやすさ、治安など抑えておきたいポイントによって求める物件は異なる。

まずは優先順位を決めてから、穴場スポットと物件を探してみよう。

 

東京23区の治安ランキング.

 

単身者の引っ越しは事前の準備は不可欠、そしてライフスタイルに適した場所を選ぶことが重要なポイントだ。

家賃が安いに越したことはないが、生活しにくい場所では、せっかくの新生活が台無しになってしまうだろう。

迷ったときはプロである不動産屋に相談してみよう。

何件かの業者に相談して、比較して検討することをおすすめする。

 

 

 

コメント