飲食業の新しいカタチ|間借り営業の始め方と場所の探し方

カフェ画像 ライフスタイル
スポンサーリンク

今流行りの「間借り」とは

ここ数年で「間借りカレー」という言葉を多く耳にするようになった。

つまりは、営業時間外の飲食点をはじめとした店舗を借りて、他業態の店をオープンすることである。

今回は飲食業にスポットを当てていく。

チャンスがあれば0円開業も

まず、間借り最大の魅力は新規オープンするにあたってのランニングコストの低さだろう。

規模にもよるが、通常全て新品で、内装もイチからやるとすると約1000万円必要と言われている。

それに対して間借り営業で開店する場合、皿などの食器類、厨房機器を借りることができれば、

用意するものは釣り銭と、提供する料理に必要な食材だ。

契約内容は、懇意にしているお店があれば、敷金をはじめとした、いわゆる開業資金も限りなくゼロに近い状態でスタートできる。

 

間借り先の探し方〜用途別マッチングサイトの比較と特徴〜

自分にはそんなツテはない。

そんなことを思った人は多いのではないだろうか

結論から言うが、現代は誰でも間借り先を見つけ出すことができる。

マッチングサイトを使うのが一番手っ取り早いだろう。

 

現代は便利なもので、借りたい人と貸したい人をマッチングさせるサービスが増えてきている。

有名所は「軒先レストラン」「スペースマーケット」「よじげんスペース」などが挙げられる。

それぞれ得意分野があり、飲食店の間借りを検討している人ならば、「軒先レストラン」「よじげんスペース」がおすすめ。

前者は吉野家ホールディングス、軒先株式会社の共同事業。圧倒的な物件数が魅力的だ。

また、後者は2018年から始まったサービスなので、可能性に期待できる。さらに、融資サポートや開業資金10分の1など、より借り手が借りやすい仕組みづくりをしている点が魅力だ。

 

物販やセミナーなどを検討しているならば「スペースマーケット」がおすすめだ。

屋外、ビルのエントランス、物販用スペース…用途によって必要な場所は変わってくるが、こちらでは

バリエーションの富んだスペースを1時間単位から借りることができる。

 

未経験者の具体的な事例

こんな事例がある。

飲食業未経験者である21歳の美容師の女性が、店舗間借りの仲介業者を使い、カレー屋をオープンさせている。

 

いつかやろうではなく、やってみたい思いをすぐに実現できる世の中になっている。

「2足のわらじ」「2毛作」「複業」こういう考え方の元、今までになかった新しい可能性が

溢れてきている。

 

個が活躍する時代はもう始まっている。

この機会にやってみたかったこと、今始めてみるのはどうだろうか。

Amazon.co.jp : 和平フレイズ フライパン お弁当 目玉焼き ジャストパン ミニ 16cm IH対応 二層鋼 ふっ素樹脂加工 JR-7298 : ホーム&キッチン
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、和平フレイズ フライパン お弁当 目玉焼き ジャストパン ミニ 16cm IH対応 二層鋼 ふっ素樹脂加工 JR-7298を ホーム&キッチンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント