鉄製フライパンのお手入れ方法とオススメする理由。【使い方】

ライフスタイル
スポンサーリンク

 

プロも愛用する鉄のフライパン、家庭でも根強く人気ありますね。

そんなわけで、今日は鉄のフライパンに興味がある・使ってみたいけど手入れが大変そう…

って思っている方に向けて、気になる手入れのやり方や、使い勝手を紹介していこう!

 

鉄フライパンの使い方

 

鉄フライパンは一般で広く普及しているテフロン加工ものや、

マーブルコーティングのフライパンとは全く別物なので、念頭に置いていただきたい。

 

表面にコーティングはなく、

ただの鉄を成形してフライパンにしたものくらいの認識でいた方が扱いやすい。

 

アツアツの鉄板に、いきなりお肉を置いたらどうなるだろうか?

…確実に引っ付いて取れなくなるのは安易に創造できるだろう。

 

焦らず最初はある程度フライパンを熱したら油を引き、

全体に馴染んだことが確認できたら、食材を投入していこう。

快適に使うために最初にすること

 

購入したての鉄フライパンは、そのままでは使ってはいけない。

さび防止の薬剤が塗られていることが多いので、アブナイ。

まずはたわしを使って水で洗い流そう。

洗ったらコンロに置き、火にかけて完全に水分を飛ばしてしまおう。

※使った後など、基本的に鉄フライパンはさっと流すだけで大丈夫ですが、鉄なので水気が残ると錆びますので注意

完全に水気が飛んだらそのまま火に。

すると表面からうっすら煙が出て、

さらに玉虫色にフライパンの焼き面が変わってくるのが確認できたら準備OK。

 

次に油を多めに引き、くず野菜を軽く炒める。

全体に油が馴染んだら終了。

フライパンをそのまま置いて、余分な油をキッチンペーパーなどで拭き取ってしまおう。

 

なんとこれだけでプロが使うような、食材が引っ付かない、スルッと滑るフライパンの完成!

実にカンタンである。

 

まとめ

  • ①最初に水洗いをして完全に水分を飛ばしてしまおう
  • ②玉虫色に変わるまで火にかける
  • ③大目の油でくず野菜を炒め、余分な油を拭き取る

3ステップでできるので、レッツトライ☆

 

また、鉄フライパンは、

普段不足しがちな鉄分を普段と同じようにに調理するだけで摂取できる面もある。

これはかなり大きいメリットではないだろうか?

特に女性にはぜひオススメである。

 

鉄フライパンはコーティングされているフライパンと違い、例え焦げてしまっても落とすことができる。

 

長い目で見たときにも、鉄のフライパンはコスパに優れている。

気に入った道具を長く、普段の生活に取り入れていくこと。

大人男子としては、一つはこういう相棒を持っていたい。